「ほっ」と。キャンペーン

真っ赤なお尻のカッチン

ツカッチンの窯焚きを終え、個展作品の準備に半ば狂乱しています。
明日香画廊のT店長より連日矢のような催促で尻を叩かれ私のお尻は真っ赤っかです。
d0247023_10563998.jpg


花:藪椿 花器:飴釉バンダジ形筆筒

昨年まで窯出しの歩留まりは5割程だったのであまり失敗作を悔いることは無かったのですが、今回の窯焚きでこの筆筒の飴釉が底に流れ着いて傷物になってしまった時は珍しく落胆しました。しかし水漏れはしないのでどこかに行くこともなく我が家にとどまってくれることになったのは嬉しくもあります。


カッチンコッチン時は過ぎ
あしたのジョーは砂袋
明日香の嬢は尻叩く
カッチンカッチンケツカッチン

明日も頑張ります。

[PR]
# by tou-kasho | 2017-02-20 23:41 | 日々の暮らし
日の酒器展で徳利を購入下さったお客様より箱に銘を入れるよう依頼されました。その名も「阿形武人」
阿形は胴回り正面部が凹んでおり、腹式呼吸で阿吽の阿、すなわち口を開いて空気を貯め込み腹を凹ませる状態に見えるため。
武人は下半身がどっしりしているので縄文時代の武人の埴輪に準えたそうです。
所有者は阿形武人との対峙に武者震いしてくださったのでしょうか。

d0247023_21175101.jpg
斑徳利:阿形武人

月24日から始まる個展のDMは阿形武人と同じ窯焚きで取れた徳利となりました。胴回りは凹んでおらず、自ずと吽形武人と名付けたくなりますが、お求めいただいた方との話し合いの中で決めていこうと思います。そのやりとりもこの徳利を育む要素になり得ると思います。
d0247023_21393461.jpg
d0247023_21425772.jpg

菊池克陶展
於:明日香画廊
住所:〒700-0814 岡山県岡山市北区天神町10-18
電話:086-222-2854
会期:2月24日(金)~3月5日(日)
開廊時間:11時~17時半 最終日15時
在廊日:2月24,25日

岡山県初、明日香画廊初の個展です。ご高覧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。



[PR]
# by tou-kasho | 2017-02-10 22:04 | 展示會

I Believe in Good Luck Spring

梅、水仙、梅の香があちらこちらで匂い立ち早春の鼻福を得ています。
節分の豆撒きを済ませ立春を迎えました。

香港より蓮華双魚文の美しい切り絵の新春のご挨拶が届き嬉しくなり床の間に飾らせてもらっています。


d0247023_22422830.jpg
花器:粉青牡丹文梅瓶 香合:粉青鳥形


d0247023_22540331.jpg
梅に鶯、と行きたいところですが持ち合わせが無かったので、さざ波のような文様の絵唐津陶片に水禽を泳がせてみました。
d0247023_23054131.jpg
春の夜には数年ぶりに近所の岩戸寺の修正鬼会を訪れ、鬼のたいまつの火の粉で厄払いをしてきました。

BILL EVANS晩年のアルバムYou Must Believe In Springを聴きながら立春大吉を祈っています。








[PR]
# by tou-kasho | 2017-02-07 23:29 | 日々の暮らし

もう月末

日新春の展示会シリーズ最後の発送を終え、怒濤の一月の最終日を迎えることができました。

今度は個展二連発。
とにかく。作ってます。

d0247023_23211776.jpg



冬の粘土作りは冷たい・・・





[PR]
# by tou-kasho | 2017-02-01 00:12 | 仕事

新春の展示会 その7

九州の文房愛好会の勉強会がありました。今回は筆の話。筆の製造・販売をされている書道具店社長から毛の種類や特徴、どこの国からどのように輸入されてくるかなど全く知らなかった話を聞くことができ、理解が深まりました。その後はコレクターの方々の所蔵品を鑑賞させていただきました。堆朱、螺鈿、水牛角、玳瑁、象牙など手の込んだ筆管が並び、中でも蘭亭序全文を米粒写経のように刻したものは圧巻でした。
蘭亭序といえば王之が浙江省の蘭亭で行われた曲水の宴の際に作られた詩集の序文で、王之の真筆は残っていませんが残されたいくつかの臨書は今でも書の世界では特別な意味があるようです。
今回の勉強会では書道具店社長がこの蘭亭に生えていた竹に、現地で刻文、胡粉で彩色させたものを勉強会メンバーにプレゼントして下さることとなり、約15名の壮絶なるあみだくじの結果、なんと私が射止めました!くじ運は皆無の私が射止めるとは余程今年は運がいいのだろう、、、と思いたいところです。
d0247023_23402409.jpg
竹:蘭亭竹
筆置:黒釉佛手
酒器:斑羽觴

「茂林脩竹」は蘭亭序の中に出てくる文言。脩竹とは長く伸びた竹の意。以前曲水の宴をイメージして作った羽觴(うしょう)と撮ってみました。素直に筆管とするか、花入れとして使うか、はたまた木栓を作って竹筒にするか、想像が膨らみます。ただの竹ではありますが、蘭亭の竹が手許にある、というだけで心が弾みます。

て、新春の展示会もいよいよ最後のお知らせとなります。九州では久々の展示です。どうぞお立ち寄りくださいませ。
d0247023_00501716.jpg
お酒を愉しむ器展2017唐津

会場:ギャラリー土の器 松永陶苑
日時:2月4日(土)~8日(水)10時~18時
住所:佐賀県西松浦郡有田町本町乙3017-3
電話:0955-42-4047




[PR]
# by tou-kasho | 2017-01-23 01:09 | 展示會