カテゴリ:展示會( 120 )

極上の湯盌展 2017

持ちのいい季節になってまいりました。個展と注文品の作品作りに、焦りながらも日々取り組んでいます。
d0247023_23284572.jpg
中休み窯と稲穂と秋の空

d0247023_23210063.jpg
散歩道にも秋の気配

d0247023_22554899.jpg
散歩道で千日草を採ってきました。

年も極上の湯碗展の季節です。寛ぎのひとときにお気に入りの湯呑みを見つけていただけたら幸いです。
d0247023_22202446.jpg

極上の湯盌展

※写真の湯盌は川喜田半泥子作。

於:しぶや黒田陶苑
会期:2016年9月8日(金)~9月12日(火) 
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-16-14メトロプラザ1F
Tel:03-3499-3225
11:00~19:00





[PR]
by tou-kasho | 2017-09-09 00:10 | 展示會

双頭ノ酒器展 2017

年も双頭の酒器展の季節がやって来ました。
備前の徳利、唐津のぐい呑み。

物故作家を含め、知名度の高い方達ばかりでいつも緊張します。
どうかご高覧下さいませ。
d0247023_00393162.jpg

於:しぶや黒田陶苑
会期:2016年9月1日(金)~9月5日(火) 
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-16-14メトロプラザ1F
Tel:03-3499-3225
11:00~19:00

出品予定作家(敬称略 順不同)

北大路魯山人
加藤土師萌
小山冨士夫
十二代中里太郎右衛門(中里無庵)

金重素山 金重道明 西岡小十

金重愫 金重有邦 隠崎隆一
金重巖 高力芳照

田中佐次郎
浜本洋好 丸田宗彦 
梶原靖元 西川弘敏
内田鋼一 菊池克
矢野直人 鈴木都


[PR]
by tou-kasho | 2017-08-31 01:59 | 展示會

在洛顛末 其の四


d0247023_23543788.jpg
陶人展開催時は下鴨神社の古本市と重なります。お目当ての本はありませんでしたが、ただ本の森の中を歩き回るだけで楽しかったです。


d0247023_23363209.jpg
川口美術内で大西先生が煎茶席を設けて下さいました。以前、水出しの滴々(凝縮された数滴の茶を味わう)をいただきましたが、今回は熱い滴々を。
d0247023_00483458.jpg
先生の右脇にあるのは茶籠で元は中国の骨董で医者の通い籠だったそうです。涼炉も銅製の折りたたみ式。洒落てます。

d0247023_23473859.jpg
川口美術のショーウィンドウ。チョガッポ(韓国のパッチワークの風呂敷)と白磁壺の白に唐胡麻の茎の赤さが美しい。

今回も沢山の人やモノや場所との出会いがありました。主体的に動けば必ずや然るべき出会いがある、という確信を深めました。感謝。

在洛顛末ー完ー
[PR]
by tou-kasho | 2017-08-25 01:38 | 展示會

在洛顛末 其の三

月蠅いと書いて「うるさい」と読むのならば、八月虻えと書いて「ええかげんにせえ」と読みたい今日この頃。

冗談はさておき在洛顛末の続きです。
d0247023_00060818.jpg
天理を初めて訪問しました。駅から続くアーケードを抜け辿り着いた教会本部。驚くほど質素で巨大な本堂内部には夏休みにも関わらず観光客は全く見当たらず、敬虔な老若男女の信徒達が独特な動きで各々いのりを捧げていました。中には高校生でしょうか、真夏にもかかわらず爽やかな風が吹き抜ける大伽藍に響き渡る通る声で、朗々と「おつとめ」を詠じていました(表現が正しいかどうかわかりませんが)。信仰心が今も根付く、国内ではなかなか味わえない経験をさせていただきました。
d0247023_00364118.jpg
そして、念願だった天理大学付属天理参考館へ。洋の東西を問わず多数の優品が展示されていて、ちょうど学芸員の方が韓国から来られた考古学の資料館館長ご一行に説明をされていて、図々しくもそのグループに混ぜていただいて専門的な説明を聞くことができました。写真はパプアニューギニアの仮面群。

d0247023_00351000.jpg
中にはこんな絵馬も。母乳の出が良くなるように、という民間の素朴な信仰も大切に所蔵されています。民俗資料と考古資料が分けて展示されていてどちらも非常に素晴らしく、必ずやまた訪れようと心に誓いました。





[PR]
by tou-kasho | 2017-08-23 00:50 | 展示會

在洛顛末 其の二

方の散歩では風に秋の気配を感じ気持ちのいい時間でした。

在洛顛末の続きです。
d0247023_07380283.jpg
いつもの展示会準備のドタバタと展示会初日のエアコン故障でかなり疲労困憊だったのでちょうど友人の主催する韓紙工芸展が開催されていた素夢子古茶家で十夢母茶を飲みました。パッピンスも食べたかったのですがお陰で体が楽になり正解でした。


d0247023_07523494.jpg
調べ物があり高麗美術館へ。学芸部長が大変丁寧に協力してくださいました。資料を探して下さっている間、ビデオで流れていた設立者のインタビューを観て今まで知らなかった設立理念を知り、ますます好きな美術館になりました。

d0247023_07541701.jpg
先日の丹後巡礼の道中偶然久々にばったり会い、お話ししたくなって天江さんに会いに陶々舎へ。彼自身が摘んだ茶葉でお茶をもてなしてくれました。






[PR]
by tou-kasho | 2017-08-22 08:20 | 展示會

在洛顛末 其の一

都での陶人展より帰りました。あまりにも沢山のことがおきたので、少しづつ思い出しながら見聞したことをまとめておこうと思います。
d0247023_00275501.jpg
行きのフェリーから素晴らしい日の出を見ることができ、幸先の良い船出でした。

d0247023_00305721.jpg

d0247023_00322887.jpg
階段に吊るされたチョガッポが涼を演出してくれました
d0247023_00384373.jpg
12名の作家の12の想い。そしてその想いから生み出された作品群は毎年多くの刺激を与えてくれます。気づけば7年目の参加です。打ち上げの夕食会では新たに参加された作家さんや8年前の第一回から参加されている作家さんなどと歓談し、陶人展の歴史を振り返りながらの楽しい夕食でした。

初日にはエアコンが故障するというハプニングもありましたが沢山の御来廊を賜りまして、無事閉会となりましたこと、この場を借りて感謝申し上げます。




[PR]
by tou-kasho | 2017-08-21 01:32 | 展示會
年も恒例の夏の企画展が川口美術さんで始まります。暑いさなかですがお時間ございましたらどうぞお立ち寄りくださいませ。

第八回韓国古陶磁探求陶人展

d0247023_10203726.jpg



参加陶人:伊藤明美、松葉勇輝、菊池克、江頭龍介、中西申幸、田中茂雄、笹山芳人、高木剛、鈴木大弓、市川孝、西林学、光藤佐
日時:  8月5日(土)~13日(日)11:00~18:00 会期中無休
場所:川口美術
※初日に在廊予定です。


た、名古屋ではお茶碗を三点ほど出品させていただきました。全国でご活躍の作家さんたちと巨匠作家が一堂に会する茶碗展です。名古屋にお住まいの方、名古屋に御用のある方はぜひお出かけください。

おちゃわんマルシェ 碗・盌・埦

d0247023_10220832.jpg

日時:8月9日(水)~15日(日)※最終日17時終了
場所:名古屋栄三越7階美術画廊
<出品予定巨匠作家>
荒川豊蔵、岡部嶺男、河井寛次郎、加藤孝造、加藤唐九郎、金重陶陽、北大路魯山人、鈴木藏、濱田庄司、藤原雄、三輪休雪 他
<出品新鋭作家>
安食潤、明石朋美、井倉幸太郎、市野秀作、今西公彦、内村慎太郎、大西雅文、大前悟、加茂田太郎、菊池克、木俣薫、佐藤竜馬、澤克典、鈴木徹、鈴木大弓、鈴木義宣、瀬戸穀己、高森絢子、谷本貴、寺田鉄平、仲岡信人、ノグチエミコ、林伸也、福島由子、古谷和也、松村遷、松本伴宏、南絢子、山口真人、山根宏一、渡辺琢哉、渡辺敏史




[PR]
by tou-kasho | 2017-07-31 11:12 | 展示會

夏の酒器

岡・大分で集中豪雨が続いていますが、国東半島は大雨となったものの比較的穏やかでした。
本当に沢山の方々からご心配のメールやお電話を頂きまことにありがとうございました。
被害が最小限にとどまるよう祈っております。

d0247023_23284973.jpg
花;白木槿
花器:斑粽形

前、自在屋の勝見充男さんが個展に来て下さった時に荷盞(蓮形の盃)を見て「これで酒用の片口作ってみたら?」という助言をくださいました。自分で気付けなかったのは口惜しいですが、できあがりを見て「流石!」と思いました。助言の成果は明日(7月8日)より始まる「自在屋 夏の小さな即売会」にていくつか展示されます。もし機会がありましたら是非ご覧下さいませ。


d0247023_23155955.jpg
酒:住吉 特別純米酒 樽平酒造
器:掛分皿(キムチ・冷奴・牛スジ煮込み)、荷葉片口、井戸盃



「自在屋 夏の小さな即売会」
会期:7/8(土)-7/17(月•祝) 
会場:GALERIE AZUR 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階
電話 :03-6427-0029
営業時間:11:00~18:00
勝見さんは9日(日)、16日(日)、17日(月)在廊


[PR]
by tou-kasho | 2017-07-08 00:31 | 展示會

彗星菓子さんのお菓子

展期間中に彗星菓子さんのお菓子と拙作の菓子皿と茶碗を用いて茶話会が催されました。

d0247023_22213012.jpg
菓子:荷葉の雫
菓子皿:荷葉皿

蓮の葉に水が落ちると水銀のように丸まり、葉の上に留まる現象をロータス効果と呼ぶそうですが、この水のゼリーはまさに蓮の葉の上の雫のようで、荷葉皿にぴったりのお菓子でした。また。透明度の高いお菓子だったのでレンズ効果で皿の葉脈が拡大して見えました。文旦のシロップをかけていただきました。



d0247023_22232765.jpg
菓子:木洩れ日
菓子皿:如意頭形皿

白小豆のきんとんを空豆のきんとんで包み、銀箔がかかっています。国東の緑をイメージして作られています。彗星菓子さんのお菓子は和菓子と言う名を借りた詩であり建築であり哲学である。。。そんな感想を抱きました。今後もまた彗星菓子さんのお菓子を受け止められる力のある皿を作りたい、と思いました。


[PR]
by tou-kasho | 2017-05-27 23:07 | 展示會

寺田美術個展

田美術での個展、本日無事最終日を迎えました。南青山。学生時代のテリトリーにこのような形で帰ってくるとは、不思議な感覚です。
20数年ぶりの中学の塾の友人、初めて会った高校の後輩、大学のクラスメイトからのサプライズの花、大分出身の方など、人生も折り返すといろんな人と見えない糸で繋がるものだなと思いました。

昨日大分に戻ったので、すこしづつ出張中にあったことをブログでまとめていこうと思います。

d0247023_16111849.jpg



d0247023_16072356.jpg






[PR]
by tou-kasho | 2017-05-25 16:53 | 展示會