<   2017年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

寄席

戸詣で器売らずに油売り

東京滞在最終日は完全オフ日とし、小学校からの親友と上野鈴本演芸場に行きました。噺家の独演会は何度か行ったことがありましたが寄席は初めてで、前座、二つ目、真打ちとだんだん円熟味を増す落語の他、漫才やら紙切りやら曲芸などたっぷり4時間も楽しんで2,800円はかなりお得なエンターテインメントでした。トリは柳家さん喬師匠の「ちりとてちん」でした。
d0247023_22560454.jpg

前日には上野の国立博物館の「茶の湯」展に行きました。予想通りの大混雑の中、多くの茶盌との再会を果たし、ガラス越しの筋トレ(上下から見るためのスクワット)をしてきました。しかし、別館の東洋館でのまばらな客の中、名物ではないものの十二分にオーラを放つ美術品を静かにゆっくり鑑賞していた方が心は穏やかでした。

d0247023_23183701.jpg

d0247023_23161779.jpg
よく質問があった拙作如意頭形皿の元ネタの「如意」


落語見ながらかんぴょう巻を食べていた瞬間、えもいわれぬ幸福につつまれました。




[PR]
by tou-kasho | 2017-05-30 23:28 | 日々の暮らし

そば 蕎麦 ソバ soba

京では蕎麦を食いだめしてきました。やはり東京は蕎麦の基本レベルが高い。

d0247023_22065611.jpg
展前日に自在屋の勝見さんといつもの蕎麦屋で。6時半に飲み始め、気づけばお店には他の客はおらず、掃除がはじまっていました。
持参下さった初源伊万里の盃で。なんと贅沢な時間なだったのでしょう。数々のアドバイス、本当にありがとうございます。力をぬいたストレートを打てるよう頑張らずに頑張ります!



d0247023_22533370.jpg
年ガリシアのコルベドでご一緒したメンバーで代々木上原の「山都」さんへ。ちょっとやんちゃな雰囲気ですがとても気さくな店員さん達が楽しくもてなしてくれました。


d0247023_22580582.jpg

ラーメンには高菜、の文化なので大分ではあまり出会う機会がない具材、メンマをメニューに見つけ、思わず注文。



d0247023_22153697.jpg
谷の蕎麦屋、と呼ぶには洒落すぎたお店、「雷庵」さんに。お昼のコースをいただきました。

d0247023_22140879.jpg


d0247023_22103689.jpg
料理長がお気遣いくださり、拙作で白隠元の水羊羹を出してくれました。ありがたし。

d0247023_22442809.jpg
Y氏と白金の「三合菴」さんへ。


d0247023_22591301.jpg

d0247023_22502727.jpg
そばはもちろん、数々の料理も美味しかったです。こしあぶらのてんぷらをはじめて食べました。タラの芽にもひけを取らないおいしさでした。


またおいしい蕎麦を食べられるようがんばろう、と気持ちを新たにした蕎麦喰い出張でした。










[PR]
by tou-kasho | 2017-05-30 00:06 | 日々の暮らし

彗星菓子さんのお菓子

展期間中に彗星菓子さんのお菓子と拙作の菓子皿と茶碗を用いて茶話会が催されました。

d0247023_22213012.jpg
菓子:荷葉の雫
菓子皿:荷葉皿

蓮の葉に水が落ちると水銀のように丸まり、葉の上に留まる現象をロータス効果と呼ぶそうですが、この水のゼリーはまさに蓮の葉の上の雫のようで、荷葉皿にぴったりのお菓子でした。また。透明度の高いお菓子だったのでレンズ効果で皿の葉脈が拡大して見えました。文旦のシロップをかけていただきました。



d0247023_22232765.jpg
菓子:木洩れ日
菓子皿:如意頭形皿

白小豆のきんとんを空豆のきんとんで包み、銀箔がかかっています。国東の緑をイメージして作られています。彗星菓子さんのお菓子は和菓子と言う名を借りた詩であり建築であり哲学である。。。そんな感想を抱きました。今後もまた彗星菓子さんのお菓子を受け止められる力のある皿を作りたい、と思いました。


[PR]
by tou-kasho | 2017-05-27 23:07 | 展示會

寺田美術個展

田美術での個展、本日無事最終日を迎えました。南青山。学生時代のテリトリーにこのような形で帰ってくるとは、不思議な感覚です。
20数年ぶりの中学の塾の友人、初めて会った高校の後輩、大学のクラスメイトからのサプライズの花、大分出身の方など、人生も折り返すといろんな人と見えない糸で繋がるものだなと思いました。

昨日大分に戻ったので、すこしづつ出張中にあったことをブログでまとめていこうと思います。

d0247023_16111849.jpg



d0247023_16072356.jpg






[PR]
by tou-kasho | 2017-05-25 16:53 | 展示會

朝露

方家の近くで野禽が何かに襲われた跡がありました。つぶさに観察すると、途絶えたばかりの命の上に生まれたばかりの朝露が宿っていて、あまりの美しさに思わず写真を撮りました。昔イノシシを捌くのを向かいに住むおじいちゃんに見せてもらったことがありましたが、その時に感じた感覚にも似ていました。

生死の事を感じる感覚と美しさに触れた時に感じる感覚は近い気がします。

d0247023_23492837.jpg



d0247023_23484431.jpg

年前に国東に移住して来た時から何かと気にかけてくださっている方が久しぶりにお見えになりました。もう88歳になり、ずいぶん10年前より顔のしわも深くなりました。いつものように何を語るわけでもなくぽつりぽつりと話し、いつものように煙草を一本差し出す。煙草はずいぶん前に吸わなくなりましたが、この方からの煙草は一緒に吸うようにしています。二人の間の大事な儀式のような気がするのです。近況を話すと、「ここまでようがんばったな。」と言って帰って行かれました。

この方がお見えになるといつも移住当初を思い出し、グッときてしまうのです。


[PR]
by tou-kasho | 2017-05-18 00:21 | 日々の暮らし

茶話会のお知らせ

間暮れに今年初のホタルが、メキシコ万年草が開花した川沿いに飛ぶのを確認しました。

親しい人を家に呼ぶ口実ができました。

d0247023_21455941.jpg


d0247023_21352097.jpg
花:墨西哥万年草
花器:黒飴釉乳瓶

て、先日お知らせした通り、東京の寺田美術さんの個展会期中に彗星菓子さんのお菓子と拙作で茶話会が開催されます。

ご希望の方は寺田美術さんに電話かメールでお申し込み下さい。

日時:5月20日(土)

11:00~12:00 定員8名 会費4,000円

申し込み連絡先

寺田美術

TEL:03-6427-6522  E-mail:teradabijyutsu@gmail.com


どうぞ宜しくお願い致します。




[PR]
by tou-kasho | 2017-05-11 22:08 | NEWS
苗月の名の通り、少しづつ田に水が入りはじめました。庭のエゴノキの蕾も随分とふくらんできています。

さて、南青山の寺田美術さんではじめて個展を開催させていただく運びとなりました。蒸し暑くなる前の爽やかな季節、どうぞお出かけ下さいませ。

d0247023_20114546.jpg

花器:黒飴釉バンダジ形筆筒
花:木五倍子、クレマチス (平間磨理夫氏挿花)


菊池 克 陶展

2017年5月19日(金)~5月25日(木) 

住所:東京都港区南青山6-6-22 TRD南青山3階

電話:03-6427-6522
時間:12時~19時
会期中は無休 
作家在廊:5月19日(金)、20日(土) 


※会期中に彗星菓子さんと寺田美術さんとのコラボ企画が開催される予定です。拙作で、彗星菓子さんのお菓子と抹茶をいただきます。詳細は後日ブログにてお知らせいたします。








[PR]
by tou-kasho | 2017-05-08 22:09 | 展示會

端午

(せち)は五月にしく月はなし 菖蒲 蓬などのかをりあひたる いみじうをかし     清少納言 枕草子より

なるほど清少納言の言うとおり、五月は今も昔も素晴らしい季節です。山に藤を取りに行きました。

d0247023_20275443.jpg
花:山藤
花器:粽形


d0247023_21291853.jpg
AMBRA SIVI PINOT GRILLO/MOVIA
ピノ・グリ種 スロヴェニア産

友人家族が泊まりがけで我が家に来ました。互いに四十も半ば。家庭も仕事も忙しく久々の再会となりました。気づけばめっきり得意の下品な話が減り、真面目に経営だの生き方だのの話ばかりしており、いささか驚いています。しかし来る度に酒も車もどんどんセンスもグレードもアップしてくるな(笑)
私も負けずに頑張ろう、といつも思わせてくれるかけがえのない友人家族です。




[PR]
by tou-kasho | 2017-05-05 21:54 | 日々の暮らし

ホタルカズラ

歩中の路傍に蛍葛という小さな花を見つけました。五弁の小さな花を蛍の輝きになぞらえた名前だそうです。

d0247023_23415292.jpg


d0247023_23402260.jpg
花:蛍葛 馬の足形
花器:青磁獣頭形水注

素敵な草花の名前を知る時、いつもヘクソカズラやサフランモドキなどと名付けられた草花の無念さを想います。



[PR]
by tou-kasho | 2017-05-04 00:25 | 日々の暮らし

夏も近づく


十八夜を迎え、茶の産地も我が家も大わらわです。
休憩の散歩で見つけた花などを手すさびに生けるのがいい気分転換となっています。

d0247023_13443810.jpg
花:莢蒾(ガマズミ)
花器:半磁壺

d0247023_23460785.jpg
花:紫蘭
花器:掛分瓶

やりたいこと、やらねばならぬことが山積ですが、睡眠も大事な仕事の一部。

ということで今宵は潔く、おやすみなさい。



[PR]
by tou-kasho | 2017-05-03 01:25 | 日々の暮らし