前回の記事で韓国旅行の話は終わってしまった感じになりましたが、船中泊し博多港で解散したあとに伊藤さんの家に寄ったことを少し記しておきます。

韓国の余韻にもう少し浸っていたかったのもあり、帰りの方向が一緒だった伊藤さん宅にお邪魔しました。

工房にまずお邪魔したのですが、まず目に飛び込んできたのがご自身で掘られた石の砕いた跡。戦いの足跡を見た気がして嬉しくなりました。
その次に見たものは窯ごとに整理された古唐津、古高取の陶片たち。伊藤さんはこれらの窯の多くに赴き、研究を重ねています。

家の中にお邪魔すると、出てくる出てくるお宝の山。李朝家具に囲まれた部屋のなかで唐津、李朝ものを中心に数十点見せていただく。これもまだほんの一部だという。

素材の研究から古窯調査、骨董の収集と伊藤さんの焼き物への情熱は計り知れない。このような方と2人展ができることになったことを本当に嬉しく思います。

1日ではとても見きれるものじゃなかったんで、また遊びにいかせて下さい!


d0247023_22164393.jpg
d0247023_22161737.jpg
d0247023_2216860.jpg
d0247023_22155820.jpg
一つ一つに思い出がつまっているのでしょう、可愛がられて器たちも幸せであります。私の下手な写真・解説より、こちらで見てみてください。

帰宅途中、帰宅後、頭がプスプスいってました。

これで本当に韓国旅行の記事はおしまい。

※ご一緒した南森さんもブログで記事を書いております。
[PR]
# by tou-kasho | 2011-11-22 23:21 | 韓國
最終日。オンギ(キムチなどを入れる甕)窯、石灰鉱山、粉青沙器の古窯跡を巡る。


d0247023_22432727.jpgオンギを作る窯を訪問d0247023_22451350.jpg
d0247023_2236023.jpg 布一枚で上手に運んでいる。これは使える。
d0247023_224759.jpg釉薬となる石灰石の鉱山も見学。現地にすべての原料がある。

d0247023_22421792.jpg帰国寸前に釜山の国際市場とチャガルチ市場を歩く。アメ横と築地をまとめて回ったような気分。骨董専門のビルに行ったが不況で日本人の客が減り、店を閉めているそうだ。こんなところにも日本経済の不況を垣間見る。
今回の旅は短かかったけれどとても楽しく、いい勉強になりました。ご一緒した皆さんの知識の豊富さ、そしてまた新たに知ろうとする意欲に触発されました。みなさんありがとうございました。楽しいだけの旅行ではなく、モンモンと考えなあかんことも発見できました。また新しいスタートです。
現地でもてなしてくれた韓国のみなさん、ありがとうございました。
旅の最初から最後までマイクロバスで運転をしてくれ、通訳をしてくれた朴さんはさぞかし疲れたことでしょう。ありがとうございました。

博多港に着いた後、伊藤さん宅に寄り、骨董の愛蔵品と陶片を見せてもらうというおまけまでつきました。もうフラフラでした。伊藤さんのうつわやブログに今回の旅の様子とメンバーの展示会情報が載っていますのでぜひご一読を。

d0247023_22392082.jpg
宿泊したヤンバン(韓国の昔の貴族)住宅の扉に閂の代わりに古いスッカラ(韓国語で”スプーン”)が使われていました。またこのスッカラを抜く日の近からんことを祈りつつ、おしまい。
[PR]
# by tou-kasho | 2011-11-18 23:53 | 韓國
二日目は釜山からマイクロバスで一路青松(チョンソン)へ北上。
青松は他地域とは違い陶石から白磁を作っている。石を砕き、水を加えるだけで
驚きの粘りがでる。
この日は青松郡により再現された登り窯と工房を訪ねた後、2ヶ所古窯跡を訪問。

d0247023_21224572.jpg
d0247023_223373.jpg











昼食に川口美術さんでお会いした青松郡観光局のカンさんに連れられ郷土料理の薬水鶏の水炊きをいただく。
d0247023_2211167.jpg








薬水鶏の水炊きは鉄分の多い水で鶏を炊いて脂肪を除去しているので、あっさりとしていて胃にやさしい。
d0247023_21242694.jpg











陶石の露頭
d0247023_2124038.jpg











昔の作業場の再現

















陶石を砕く巨大な杵


d0247023_21245149.jpg














古窯跡探索
d0247023_2149521.jpg





日本は杉の植林で自然の山の姿があまり残っていないが、この周辺の山は落葉樹や松などの混合林で非常に美しかった。日本も昔は各地でこんな美しい風景が見られたのだろうか。紅葉には少し遅かった。
d0247023_21251146.jpg









白磁の陶片が窯跡からゴロゴロ。器形や土の雰囲気などを写真に収める。
d0247023_2132357.jpg









両班(ヤンバン)宅に宿泊するという恩恵に与る。一行全員大興奮。
d0247023_21344964.jpg












薪のオンドルも現役バリバリ。
[PR]
# by tou-kasho | 2011-11-16 22:47 | 韓國
突然ですが韓国に行ってきました。 

南森さん、梶原さん、豊増さん、伊藤さん、竹花さん、戸田さん、私の計7人で青松(チョンソン)を中心に古窯跡を巡りました。相変わらず写真がいまいちです。。。短い日数でしたが夢のような、濃厚に凝縮された素晴らしい時間でした。

d0247023_056410.jpg



宇佐から福岡への電車内で白磁の人を読み、ウルッと
なりながら韓国へのテンションはさらに高まる。
d0247023_115131.jpg



釜山へ。初めて船で出国。船内では
焼きもの談義が延々と続く。
d0247023_0494895.jpg
釜山着後、梶原さんの陶友、朴相彦さん宅に。朴さんは日本に留学されていたこともあり、日本語堪能。ご自身で陶石、釉石、粘土を掘り、幅広い作品を作っている。自家製チヂミと刺身、マッコリでもてなしていただく。梶原さんと以前より親交のある方々が続々駆けつけ、大いに飲む。最後はオンドルの部屋に7人で雑魚寝。修学旅行気分。
d0247023_1494917.jpg
朴さんの登り窯。窯も家もご自身で作られた。
[PR]
# by tou-kasho | 2011-11-16 02:12 | 韓國

李朝陶磁餅型図譜

李朝陶磁餅型図譜。ずーっと手に入れたかったが高くて買えなかった。丹羽茶舖さんに
展示作品を持っていった日、なぜか餅型の話になり、家の奥でゴソゴソしていたかと
思ったらなんとこの本を取り出してきたではないか!
聞けば東京のギャラリーのオーナーに「若い人に役立ててほしい」、と頂いたというから
またびっくり。どんだけ信望があるのか!丹羽さんは驚きの総合商社や!!
早速お借りして萌え~ってなってます。
d0247023_23161996.jpg

d0247023_2316746.jpg
芹沢銈介装幀。昔の本は愛情を感じますね。中身に入る前にすでにモノとしての美しさがある。
d0247023_23184863.jpg
餅型とは木や陶磁器で作られた判で、朝鮮でお菓子や餅の型押しのため作られた。日本では茶道の蓋置きに見立てで用いられる。
d0247023_2317327.jpg

[PR]
# by tou-kasho | 2011-11-09 23:45 | 日々の暮らし