人気ブログランキング | 話題のタグを見る

くぐい

6月28日、午の刻。

祇園祭の準備に色めきたつ京都で一人の女の子が産声を上げました。   
私たちにとって初めての子です。
前日に上洛し、出産に立ち会うことができました。

娘がまさに此の世に出てこようとする瞬間、分娩室にはBGMで
サン・サーンスの「白鳥」が流れていました。
くぐい_d0247023_23545424.jpg
室内の全員が緊張感を帯びた、必死のパッチのクリティカル・モーメントにその優雅な音楽は相容れないように思えますが、何故だかとてもマッチしていました。
くぐい_d0247023_23394412.jpg
その時の印象と、湖面を品良く優雅に移動する白鳥のイメージからくぐいと命名しました。

くぐいとは白鳥の古語で、漢字ではと書きますが、誰も読めないので平仮名にしました。
来るべき人生を、時には運命の波間に羽を休ませながら、しなやかに美しく羽ばたいてほしいという想いをこの名前に託しました。

変わった名前で気に入ってくれるかどうかわかりませんが、いつか気に入ってくれるような女性に育ってほしいし、またそういう関係が築けたらと思います。

よるべない土地に血を分けた家族ができたことで妻も心強く思っていることと思います。

結局産後二日の滞在で大分に帰ってきたので当面会えないのですが、私も負けずに今年の大仕事(個展)を果たそうと思います。

お祝いの言葉を下さった皆様にお礼を申し上げますとともに、今後またいろいろお世話になると思いますが、温かく見守っていただければ幸甚です。

蛇足ながら、以前の記事で安産を祈り、粉引乳瓶に多産・繁栄の象徴である柘榴を生けたのですが、6月28日の誕生花を調べてみると.....柘榴でした。(誕生花は複数あります)
予定日より6日遅れの出産でしたが、祈りを聞き入れ、この日に合わせて生まれてきてくれました。そんな気を利かせてくれる娘です。
by tou-kasho | 2014-07-11 01:11 | 日々の暮らし