人気ブログランキング | 話題のタグを見る

蛍茶会(その1)

一緒に馬鹿をしていた友人がすっかり立派になり、英國のお客様を伴い我が家に遊びに来ました。
ちょうど知人と蛍茶会を企画していたので、予行練習を兼ねて庭でお茶を飲んでいただき、日が暮れてから予めロケハンしていた場所で蛍鑑賞を楽しみました。
蛍茶会(その1)_d0247023_11265860.jpg

蛍茶会(その1)_d0247023_11271821.jpg

蛍茶会(その1)_d0247023_11241812.jpg
提灯を提げて夜道を照らす様はそれだけで美しいものでした。
蛍茶会(その1)_d0247023_11407100.jpg
三昧堂さんが蛍に因んだお軸を貸してくださって床の間に掛けました。

軸 竿すてて 蛍の岸を 流れけり 虻蜂

虻蜂は別府観光の父、油谷熊八の雅号。川で船の竿を捨てるのは自殺行為ですが、そこまで蛍の幻妖な光に心奪われ、もうどうなってもいいという放我の境地を詠んでいます。

器 半磁大壺に壺入り娘
by tou-kasho | 2015-06-06 12:00 | 日々の暮らし