人気ブログランキング | 話題のタグを見る

雄鶏のミサ

ペイン留学時代のはじめの頃、クリスマスの日が一年で一番寂しい季節でした。カトリック教徒が多いスペインでは24日は家族で夕食を食べ静かに過ごします。故に外国人であることを一番気付かされる日でありました。日が沈むと通りには人影も無く街は静まりかえっていました。24日の24時にバルセロナのカテドラルで行われる「雄鶏のミサ」に2回ほど足を運んだことがありました。ラテン語のオラトリオの響きとともに行われる厳かなミサは異教徒の私でもグッとくるものがありました。
当時何故「雄鶏のミサ」と呼ばれるのか気にもなりませんでしたが、少し調べてみると、ローマ時代の古い慣習で雄鶏が啼いたら翌日の始まりとされていたためここから名前を取ったという説や、聖夜に馬小屋でキリストが生誕した瞬間を最初に見てそれを他の動物や人々に告げたのが雄鶏だったという説などがあることがわかりました。

雄鶏のミサ_d0247023_02412555.jpg
ペトロ・カスイ岐部記念聖堂とハートの電飾

家から車で5分ほどの所にあるペトロ・カスイ岐部記念聖堂。ペトロ・カスイ岐部は1620年、日本人として初めてエルサレムの地を踏んだカトリックの司祭で、日本出発後キリスト教弾圧のため帰国できず16年後帰国。その9年後に江戸に捕らわれ腹を火で炙られ殉教。
本当にシンプルな明かりで、初源的な信仰心を感じさせてくれます。

雄鶏のミサ_d0247023_00375779.jpg
俺のベレン

スペインの各家庭ではベレンというベツレヘムの馬小屋でのキリスト生誕の瞬間のシーンがミニチュアで飾られていましたが、我が家も何となく役者が揃ったので異教徒ではありますがこっそり床の間をベレンにしてみました。


雄鶏のミサ_d0247023_02165159.jpg
サルトリイバラにエチオピア正教会のクロスのペンダント

山の中にサルトリイバラを見つけ、血だらけになって採りました。

雄鶏のミサ_d0247023_00393457.jpg
雄鶏の水丞

雄鶏が生誕を告げる意味と、来年の干支でもあるので作ってみました。(間に合わず焼成前のもの)

雄鶏のミサ_d0247023_00454531.jpg
白磁筆筒に蝋燭

壁にクロスが映し出され綺麗でした。




by tou-kasho | 2016-12-23 00:54 | 日々の暮らし