人気ブログランキング |

<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

キクチ カッツ

昨年テレビでたまたま小山薫堂さんが友人のランディ・カッツさんをサプライズで喜ばせるためにカフェ「RANDY」をプロデュースし、ご本人を招待している番組を見ました。
一緒にお仕事をさせてもらっている縷縷さんがこのカフェ内に展示スペースを設けておられます。

今月は私の特集をしてくださっているのでご案内します。詳しくはこちら

ランディ・カッツさんのカフェでキクチ・カッツの作品をごらんください。

キクチ カッツ_d0247023_1451019.gif


くだらなくてスミマセン。


<RANDY>
住所:東京都港区六本木1-3-37 ARKHILLS ANNEX

TEL:03-3568-2888

営業時間:Mon - Fri 11:00~22:00 L.O
     Sat 11:00~20:00 L.O
     Sun 11:00~20:00 L.O

地下鉄:東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 3番出口より徒歩5分
    東京メトロ銀座線・南北線 溜池山王駅 13番出口より徒歩8分

バス:バス都バス01系統(渋谷~新橋)「赤坂アークヒルズ前」下車、徒歩約5分(JR新橋駅よりバスで約10分)

駐車場:アーク森ビル駐車場(提携)ANAインターコンチネンタルホテル東京駐車場・ホテルオークラ駐車場
by tou-kasho | 2013-01-19 02:05 | NEWS
古美術・三昧堂で2年ぶりの個展です。宜しくお願いします。
日時: 2月8日(金)~17日(日) 
第2回菊池克陶展(三昧堂)_d0247023_0495995.jpg
DMの写真は盟友ヨシヅカジロウ君が得意のメンタリズムで器を浮かせ撮影してくれました。
第2回菊池克陶展(三昧堂)_d0247023_0274524.jpg


今回はどんな室礼になるのか?とてもワクワクしています。
思えば一回目は人生初めての個展で、準備にがんばりすぎたのと緊張で2日目に倒れ、
展示品に囲まれて会場で寝た、というほろ苦デビューでした。

寒い季節ですが、お待ちしております。





三昧堂
〒874-0936 大分県別府市中央町 1-6 
電話0977-22-4600
営業時間 10時から18時まで
8,9,10,11,16,17日在廊予定です。
by tou-kasho | 2013-01-18 01:15 | 展示會

有朋自遠方来

昨年は中学から大学時代の友人達をフェイスブックで見つけ、見つけられ、何人もの友人と
十数年ぶりの再会を果たしました。知られたくない人にプライバシーがダダ漏れになるリスクもあり、功罪相半ばするものがありますが、以前であればひょっとするともう一生会えなかった人達と盃を交わすことができている事実には感謝しなければなりません。

大分出身の大学時代のクラスメイトが里帰りの際、我が家を訪れてくれ、お土産に鷹来屋のひやおろしをくれました。ものすごく旨い酒です!クイクイいけてしまいちょっとあぶない。
ありがとうございました。

学生時代の忘られぬ日々を思い出しながら独酌させていただきました。
有朋自遠方来 _d0247023_045046.jpg
井戸形盃・藁灰釉徳利
by tou-kasho | 2013-01-17 01:17 | 日々の暮らし

ぐい呑み100撰展

昨年より参加させてもらっている大阪・豊中のギャラリー、巷談舎のぐい呑み100撰展が始まります。
ぐい呑み100撰展_d0247023_22373721.jpg
ぐい呑み100撰展_d0247023_2238156.jpg


日時: 1月19日(土)~2月2日(土) 
場所: 巷談舎 
     〒560-0021 大阪府豊中市本町 5-13-44     
     電話&FAX 06-6843-6948 
     定休日 日曜日(企画展開催中は休みなし) 営業時間 11時から19時まで

昨年見に行きましたが、お客さんも作品もアツかったです。是非お立ち寄りください!
by tou-kasho | 2013-01-11 20:10 | NEWS

鉄腕

「まだ焚いちょらんのかえ?」
解体屋の社長からこんな電話がビリビリかかってきます。
そんなわけで解体された家屋の松の梁と柱を取りに行きました。
まだ営業日ではなかった1月4日に社長が、左上に見える思いのほか繊細に動くフォーク付ユンボで爪楊枝のように柱を一本一本つまみあげてくれ、それを支点にチェインソウで切っていきました。
歯を新しくしたこともあり、バターのように楽に切れました。
軽トラ三台分、あっという間に作業終了。
鉄腕_d0247023_22585831.jpg

重機ってすごいなあ、1台欲しい!意のままにあの怪物をあやつりたい!
少年のようにそう思いました。
こういう作業の後はギトギトのとんこつラーメンを食べたくなります。
替え玉も。
by tou-kasho | 2013-01-10 23:26 | 仕事

八面六臂

花留めとして作った作品ですが、他にもこんな見立てができます。
八面六臂_d0247023_189654.jpg
花留め
八面六臂_d0247023_21163331.jpg
墨床
八面六臂_d0247023_21104891.jpg
蓋置
八面六臂_d0247023_21171373.jpg
筆架


大活躍です。

他に使い方を思いつかれた方はお知らせ下さい!
by tou-kasho | 2013-01-10 21:52 | 作品

京都での年末年始2

伏見は月桂冠や黄桜など、酒蔵が立ち並ぶ酒蔵の町です。酒の器Toyodaさんは「神聖」山本本家の酒蔵の一角にあるギャラリーです。1月2日にグループ展が始まり、私も在廊しました。
京都での年末年始2_d0247023_22233819.jpg
伏見の町並み
京都での年末年始2_d0247023_22193363.jpg
年始の2日にお客様がお見えになるのだろうか?と思っていたのですが、開店前からお待ちになっていた方々もいらっしゃり、全くの杞憂でした。ご来場ありがとうございました!
京都での年末年始2_d0247023_22181134.jpg
京都の作家で煎茶道具を主に作られている稲澤隆生さんも在廊されていて、いろいろお話させてもらいました。写真の湯沸し、ボーフラといいます。ポルトガル語のabobora(かぼちゃ)が語源だそうです。そういえば国東でかぼちゃのことを「ぼぶら」と呼んでいて、不思議な言葉だな、と思っていたのがこんなところで語源がわかりました。
蓋の透かしは面取りがされていて、おおさすが京都!と感服。
京都での年末年始2_d0247023_2222466.jpg
阪急電車内で辻村史朗展の広告を目ざとくみつけ、大阪南港からのフェリーに乗る前に梅田阪急に行ってきました。迫力があり、すごくよかったです。見る価値アリです。
またまたフェリーに滑り込み。

グループ展は1月20日まで開催していますので、是非お立ち寄りください。
by tou-kasho | 2013-01-08 23:03 | NEWS

京都での年末年始

明けましておめでとうございます。

年末の窯焚きから気付けばすでに1月7日になっていました。

窯出し後、作品を発送し29日にフェリーに滑り込み、翌朝大阪着。
京都での年末年始_d0247023_0463099.jpg
晦日は京都の老舗ライブハウス拾得ではっちゃんこと服田洋一郎さんのソウルフルなライブで元気をもらいました。

京都での年末年始_d0247023_0515236.jpg
光悦寺垣
京都での年末年始_d0247023_0522164.jpg
京都での年末年始_d0247023_22235910.jpg
大晦日は光悦寺に足を延ばしました。秋や光悦会のときは大勢の人でにぎわうのでしょうが、大晦日に訪れる人はほとんどなく、ゆっくりと参拝できました。

元旦は縁あって知り合った日本画家の家にて京都のおせちとお雑煮を頂きました。白味噌に日の出人参で色を添え、お出汁のきいたおいしいお雑煮でした。床も松竹梅に鶴のお軸と三方に鏡餅が供えられ、ご主人とを酌み交わしながら素晴らしい新年の幕開けとなりました。

京都での年末年始_d0247023_0581544.jpg
御自宅に飾られていた京都の家や寺社で見られる根引き松の松飾り。
京都での年末年始_d0247023_23464197.jpg
後日、知人宅の床の間に飾られていた軸の中廻しの裂にも根引き松を発見!

毎年作陶のテーマを自分に課しています。昨年は「酒器」をテーマにしたせいか、日本酒を飲む機会が相当増え、お陰ですっかり日本酒好きになってしまいました。
今年は「文具」をテーマに、勉強しながら、書きながら作陶に励みたいと思います。早速前述の日本画家に良寛の書の本をいただいたので、これを読むことからはじめようと思います。

脱皮できない蛇は滅びる。
意見を脱皮していくことを妨げられた精神も同じことである。
それは精神であることをやめる。
                    フリードリヒ・ニーチェ「曙光」より

挑戦をやめ、脱皮できない陶芸家も滅びます。蛇年の今年にふさわしいこの言葉を肝に銘じ走っていこうと思います。

どうぞ今年も宜しくお願いしますと同時に皆々様に幸多き年でありますようお祈りします。
by tou-kasho | 2013-01-08 01:07 | 日々の暮らし