人気ブログランキング |

<   2013年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

梅鶯の候

個展も終わり、あたふたと箱書きやらなんやらしているうちにすっかり
梅鶯の候、散歩道の梅も咲き匂い、多様な鳥たちが早春を謳歌しています。
そんな季節の移ろいを楽しむ暇も無く、来月の二つの展示会に向け、
作陶の日々であります。
そういう時に限って面白い展覧会があるもので、欲望に負けて福岡に
2つの展覧会を見に行きました。
d0247023_23494683.jpg
一つめは九州国立博物館で開催中の『ボストン美術館 日本美術の至宝』
大宰府天満宮の梅が見頃ということもあり、会場は大盛況。
d0247023_2350632.jpg
奈良・平安の仏画や曽我蕭白のダイナミックな墨画もすばらしかったのですが、岡倉天心の眼光の鋭さもインパクトがありました。西洋文明がなだれ込んできた文明開化の時代にいち早く日本の文化財を保護しようとした先見性、意志の強さを感じます。
d0247023_23505275.jpg
二つめは福岡市美術館で開催中の『緑青の美 東南アジアの青銅美術展』
東南アジアへ400回以上行かれたという別府在住の山村氏のコレクションを中心に東南アジアの青銅の仏像や装飾品を200点以上展示。日本でこのテーマでの展覧会は非常に珍しいものだそうです。
d0247023_23521538.jpg
この日は山村氏によるカンボジアの遺跡群について講演がありました。氏の遺跡踏査のアドベンチャーのスライドがメインで、巨大ヒルや虎の足跡にもめげず道なき道を進む氏の遺跡への情熱が伝わってきました。2時間の講演は映画を一本見終わったような充実した内容でした。
d0247023_23512532.jpg
美術館の一室ではこの展覧会の協力者でもある三昧堂ご亭主が東南アジア呈茶を。
しゃれとんしゃーです。お菓子はおいしいドライフルーツでした。
舟形風炉(宮崎寒雉)、雲龍釜(九兵衛)、水指(ハンネラ)、棗(キンマ)、
茶碗(ベトナム安南)、蓋置(菩提樹)、風呂先(カンボジア古裂)

もし市美術館に行かれる方は松永耳庵コレクションもお見逃し無く。
古信楽のいい焼け肌のものがありました。
by tou-kasho | 2013-02-28 00:48 | 日々の暮らし

無事終了

d0247023_0251054.jpg
無事個展が終了しました。今回も楽しい展示会となりました。帰宅し気が抜けぽけーっとしています。ご支援下さった皆さま、ご来場下さった皆さま、エールを送ってくださった皆さま、
本当にありがとうございました!!!
会場の床に飾られていたお軸は「寒梅」がだんだんとほころび、春を感じさせる、といった画賛でしたが、じつはご亭主が「完売」の願かけの意も込めていたことを明かしてくださり、こりゃまた一本取られてしまいました。




番外編
d0247023_02672.jpg
今回もいろいろな業界の面白い方にお会いしましたが、鷹匠が来られたのには驚きました。お住まいのマンションは犬・猫を飼うことが不可で鳥はOKなので鷹を飼うことにされたとか。変わってる!!!
by tou-kasho | 2013-02-18 00:59 | NEWS

花器の写真

d0247023_0371046.jpg
個展開催中ですが、来月の展示会のため、平日は仕事に勤しんでいます。
会場不在中も沢山ご来廊くださったようで、皆さんとお会いできずに残念でした。
ありがとうございました!

早速花器をお買い上げ下さった方が写真を送ってくださいました。
d0247023_2321726.jpg
粉引面取り掛け花入
花:松・侘助
d0247023_2314419.jpg
黒釉粽掛け花入
花:鈴蘭

自分の手を離れた器たちが新しい環境で大切に扱われ、それぞれの役割を果たしているのを見るのは作り手としてこれほど嬉しいことはありません。

夏の窯焚きも、冬の粘土作りも乗り越えようというファイトが沸いてきます。

次の土曜、日曜は在廊していますので宜しくお願いします!
by tou-kasho | 2013-02-15 00:35 | 日々の暮らし

嗚呼、夜の別府

d0247023_1501497.jpg
3日目・4日目も天気良く、沢山の人と出会えました。時に怪訝な顔をされつつも、ご亭主の
頓知の利いたトークは冴えわたり、私もしゃべり続け、あっという間に夜。3日目の夜はご亭主と福岡からお越しくださったお姐さまとディープ別府の夜をすごしました。日中は寂しげな通りも連休もあってか俄かに活気を帯び、淫靡で昭和でアジアンビートな雰囲気が展示会のハイテンションをさらに加速させてくれました。別府の入り組んだ路地裏は故郷の大井町を髣髴
させます。
d0247023_146506.jpg
開店と同時にあっというまに満席になった韓国料理屋、高麗房さん
d0247023_146786.jpg
自作の盃でマッコリタイム。ここの蒸し豚、最高です。
d0247023_1463283.jpg
2件目に連れて行ってもらったPure Wine Bar Enferで盃をツマミに。粋なご亭主は粋な店を知っています。
d0247023_1462031.jpg
さあ、あと1週、がんばります!
by tou-kasho | 2013-02-12 02:35 | NEWS

速報

友人の竹芸家・中臣一さんの作品が本日オークションで発表されるそうです。ご関心をお寄せください。
凄い作品です。
by tou-kasho | 2013-02-10 08:12 | NEWS

2日目終了

前日と打って変って好天に恵まれました。
d0247023_7444730.jpg
午後の陽射しが文具をやわらかく照らしています。

d0247023_745962.jpg
黒釉粽花入
花:藪椿・枇杷 一日で花がこんなに開きました。
d0247023_745275.jpg
d0247023_7501933.jpg
玄関をふと見上げると空蝉が。。。

さあ、今日も元気に行ってきます!
by tou-kasho | 2013-02-10 08:00 | 展示會

くもりのち雪、のちシカ

初日は雪のスタートでした。足元の悪い中、とても沢山の方々においでいただきありがとうございました。会場内の趣のある中庭に降りてくる雪はとてもきれいでした。
d0247023_22541168.jpg
                    会場から眺める雪景色の茶室
d0247023_22534785.jpg
                 会場から眺める雪景色のお店の中庭
d0247023_23224343.jpg
そして、先日二月堂のことをブログに書いていましたが、早速奈良のうつわ文居さんが二月堂名物 お水取り行法味噌を萬々堂の微笑とともに送ってくださいました。写真撮りやお花、搬入、それ以外にも有形無形にこの展示会のため沢山の方々が支援してくださっています。

気分良く車で帰宅途中、巨大な雄鹿が急に車道に飛び出してきて車と激突。鹿はそのまま山の中に消えましたが、車のドアが壊れ開かなくなってしまいました。

なんてこった。
by tou-kasho | 2013-02-08 23:51 | NEWS

菊池克陶展本日スタート

いよいよ本日より2年ぶりとなる三昧堂での個展を開催します。
前日には親しい方が飾るための花々を届けてくださり、会場が一層よくなりました。
d0247023_649596.jpg

d0247023_6482787.jpg
セネガルの商人から購入したアフリカの面
エチオピアの木箱には碗がごっそりでインパクトあります。
d0247023_6521981.jpg
書道具
花:薬壜に笹とフリチラリア
d0247023_652489.jpg
独楽盆に酒器
d0247023_6435963.jpg

会場の様子をまた後日アップしようと思います。
それでは会場でお待ちしております。
by tou-kasho | 2013-02-08 07:11 | 展示會

一樹寒梅白玉條

節分を迎えました。

ここ数日の暖かさで、池のメダカも元気に泳ぎはじめました。辺りにはメジロやらヒヨドリやら
ジョウビタキたちが活発に飛び回っています。
d0247023_23265159.jpg
そして外で釉掛けをしていると、、、、「あっ!」
我が家で一番日当たりのいい梅の木に白いものが!小さい春みつけました。

今日は北九州の酒店の酒アドバイザーが我が家にお見えになりました。とある飲食店で西岡小十さんの盃で呑み衝撃を受けて以来、器に興味を持ち始めたそうです。
曰く、吟醸など香りが立つ酒はガラスなど口がきりっとしたもの、純米酒などは土ものの器が合うそうです。私はまだまだビギナーですが、土もので呑むためか、知らず知らず純米酒が好きになっていた気がします。
d0247023_23202083.jpg
お土産に頂きました生酒、早速いただきました。ガツンと旨かったです。

酒:山の壽(福岡) 酒器:唐人笛盃 アテ:鳥肝(粉引輪花小皿) 
またゆっくりお酒のこと教えてください。ありがとうございました!
by tou-kasho | 2013-02-04 00:04 | 日々の暮らし

個展まであと1週

国東ではここ2日ほど寒さが温んでいます。庭の池ではヤマアカガエルが大合唱して産卵しています。移住して最初の年にこの不思議な鳴き声を聞いた時は鳥が鳴いているのかと思いました。私は大好きな音です。蛙に抵抗がない方はこちら

さて、久々の個展の準備でバタバタしている間に開催まであと1週間になってしまいました。
昨日三昧堂に第一回目の搬入に行って来ました。三昧堂さんは準備をすすめてくれていたので、搬入から30分で大まかな配置は出来上がりました。
開催前に少しだけご紹介。
d0247023_1513665.jpg
床のお軸は傳衣の画賛。春を夢見て健気に小さな花を咲かす寒梅と私をご亭主が重ねて
掛けてくれたのだろうか?
寒梅的的西来之衣南枝向暖北枝寒
d0247023_2243294.jpg
扁壺にはチベットの机。ポタラ宮のように聳えています。
d0247023_1212420.jpg
茶碗の台は2月の個展開催ということで、東大寺二月堂でお坊さんが文を読む机だったものを用意してくれていました。また、二月堂の落款のある竹花入も用意してくれました。
そんな諸々の想いを合わせて御覧いただければまた楽しいかもしれません。

このほかアフリカで手にいれた道具を少し持っていく予定です。

寒い時期ですが、ほっこりした気分になっていただければと思います。
by tou-kasho | 2013-02-02 03:11 | NEWS