人気ブログランキング |

<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

不惑の新人

活の友社の「美術の窓」5月号の「画廊が選ぶ 注目の新人」の欄に しぶや黒田陶苑さんが推薦文を書いてくださり私の略歴と作品が掲載されました。

d0247023_22372063.jpg

短文の小さな記事ですが、来し方を思い胸に込み上げるものがありました。

もし機会があり、一瞥していただけたなら幸甚です。

これからも惑わずこの道を進んでいこうと思います。
by tou-kasho | 2015-04-21 00:27 | NEWS

山桜・山柿

前、スペインの友人が我が家に遊びに来て気に入ってくれた徳利がありました。
また別の知人が見初めて下さった茶碗がありました。

どちらもギャラリーに出展が決まっていたのでその旨をお伝えしお詫びしました。
いずれも大好きな作品でしたが意に反し売れ残り、前者はギャラリー買い取りで常設展示へ、後者は返品となりました。
前者は斑の徳利。その後友人が再び日本を訪れた日がちょうど私の個展に重なり、ギャラリーに来てくれ、常設展示されていたその徳利に気付きました。「これはあの時の!今回は買っていいよね?」ということで徳利はスペインに嫁いで行きました。
d0247023_22143675.jpg
後日花を生けた写真を送ってくれました。葉の赤い山桜。スペインにもあるのですね。ちょっと掲載が遅れたので季節外れになってしまいましたが。

後者は以前韓国で作った柿の蔕茶碗。山奥で作ったことと、時間的にも空間的にもはるか遠い所を懐かしむ意味を込めて「山柿」と銘を付け箱書きしました。こちらも前述の知人が大変喜んでご購入くださいました。

売れ残ってくれたことで本当に気に入って大事にして下さるお二方の元に作品が届きました。天運ってあるものだなあと感慨を覚えました。

こんな風に、作品と人との縁にもっと出会いたい気持ちがまた明日も仕事に向かわせるのかもしれません。

ちょっとクサイか。。。
by tou-kasho | 2015-04-14 23:53 | 日々の暮らし

筥の中味

4月4日。
船と汽車を乗り継ぎ広島に行きました。東己斐という住宅街を、縫うように続く急な坂を上り詰めたどん突きにギャラリー「筥」はありました。
コンクリート建て総二階のモダンな建築。背後に山を背負い、オーナー夫妻が植えた様々な花が目を楽しませてくれました。「筥」の名は「箱」に入れるよりも大事なものがその中にはある、という感覚があり名付けられたそうです。
d0247023_0351081.jpg

d0247023_0345875.jpg
一階内部。アクセントにバンダジやクバ族の布やギャラリー背後の山の花などが上手に配置され心地好い空間でした。
d0247023_1104771.jpg
インドの木の額に拙窯の屋号印が飾られておりました。ニクい演出!
d0247023_0352313.jpg
翌日5日は2階で日本料理「葛」さんのコース料理を楽しませていただきました。小澄正雄さんのガラスの器に春野菜の炊き合わせと山芋・胡瓜・海老の出汁ゼリー掛け。春らしい、華やいだ演出でした。
d0247023_0351643.jpg
拙作ソアン皿に鯛昆布〆糸造り。

天気予報では雨でしたがなんとかもちこたえ、2日とも大勢の方々が来て下さり、楽しい思い出が広島で出来ました。
帰宅前に繁華街にて小澄さんとカープの試合をテレビ観戦しながらお好み焼きとビール、2件目はホッピーとハイボールで祝杯を上げました。


11日(土)まで展示しておりますので是非お立ち寄り下さいませ。
by tou-kasho | 2015-04-07 01:55 | 展示會

春風駘蕩

年の我が家の周辺の桜は他地域に比べ出足が鈍かったのですが、ここ数日の暖かさで一気に見頃を迎えました。目出度く展示作品を早めに発送したので家の大掃除を展開し、気分的にもスッキリしつつあります。

d0247023_9134363.jpg
山桜も少し遅めのスタートでしたが白磁丸壺に生けてみました。
d0247023_9135960.jpg
春曇の山にぽつぽつと桜が鏤められ菜の花道も美しい。
d0247023_9192944.jpg
三椏(みつまた)を小澄正雄さんのグラスに生けてみました。剪定の時に出る樹液は臭いのですが、花の仄かな甘い芳香は品がありました。
by tou-kasho | 2015-04-02 09:58 | 日々の暮らし